UNIBA INC. Embodied Virtuality (さわれるインターネット)

arrow

ガバナンス

arrow

1990年代中頃、NIFTY Serve(富士通社が運営していたパソコン通信サービス)のオンライン掲示板に集まった東京、愛知、神戸、北海道、デンマークなどに住む中学生たちが、自らを「ユニバースソフトウェア」と名付けたのが、UNIBA INC.の始まりです。2003年に法人化した「ユニバース」はやがて「ユニバ」と呼ばれるようになり、2006年に正式名称を「UNIBA」に改めました。

UNIBA INC.の自治を重視する伝統は、学生たちが自らを集団として自覚した瞬間から始まっています。何かを達成する手段として生まれたのではなく、可能性に開かれた、自由な空間を作ることがその目的でした。そのためには、全体と個人がバランスをとるために負担を分け合い、互いに自由であることが重要だったのです。それは少しずつ私財を出し合って株を保有する、現在のコミュニティとしての株式会社の在り方や、その他の素朴な手作りの制度、集団として独自のマナーを獲得していくことにつながっていきました。

2021年4月には、理想に近いフレームワークとして、ホラクラシーを採用することにしました。

holarchy image

2030年のUNIBA INC.

arrow

90年代から、一つのチームとして運営されてきたUNIBA INC.ですが、現在は、複数チームが共存する体制に移行しています。2030年には、10チーム以上がひしめく、作り手の大集団になることを目指しています。

ソフトウェアを書く人が力を発揮したり、経験を積んで成長していくためには、さまざまな条件を揃えなければなりません。インターネットやコンピュータはそこかしこに存在し、ポテンシャルもそこにあるのですが、それらを価値あるものと結びつけるのは、人の創造性です。創造を可能にするものは何かという探求に終わりはありませんが、学生の集まりが、ソフトウェアを生み出すひとつの企業になるまでにさまざまな苦労をしながら理解したのは、成功や失敗を還元する先として、チームが継続的に存在することの重要性です。チームが可能にする進歩、成長、そして失敗を受け入れるキャパシティがなければ、UNIBA INC.はもっと前に終わっていました。UNIBA INC.を可能にしたのは、たくさんの気づきと失敗と、それを受け止めたチームだということです。

チームは、さまざまな資源を必要とします。ゼロから資金や設備を集め、オペレーションを作り出すことは簡単ではありませんが、それらがなければ、チームが本当に実現したい価値に近づくことはできません。UNIBA INC.は、さまざまなチームヴィジョンを実験する器として歩み始めました。そこでは、チームそのものが立ち行かなくなっても、本当の意味の終わりではないのです。ひとつのチームヴィジョンの行き詰まりは、新しいチームにとっての学びになるはずです。多くのチームの誕生と終わりを経験することで、さらに魅力的なチームが可能になるでしょう。そして魅力的なチームの誕生は、成長を目指す作り手にとっても、その力を必要とする人にとっても、有益なものとなるでしょう。


チームごとのビジョン

arrow
  • Z1 team logo

    建築などの仕事ではとても長い期間、例えば100年続く仕事を残したりすることができます。では WEB 業界で働く私たちはどうすれば長い期間影響を与える仕事ができるのか? と考えた時に、私たちが作る プロダクトやサービス、イベントを通して関わった人たちの価値観をアップデートし、そこから文化が生まれ繋がれていく、そういう在り方を Z1 は目指しています。 Z1 はクライアントと新しい文化を創造するための一歩を一緒に踏み出し、 0 から 1 にすることに価値を置いています。

    MORE
  • Otasuketai team logo

    人が集まって仕事をする際に発生する、「誰かがやらなければいけないけど、業務の傍らでやるには負担が大きい」というような間接業務をまるっと引き受けることで、サポートする皆様が専門の活動領域に集中できる快適な環境づくりを担うチームです。オペレーション業務はマニュアル化することで誰もが同じ水準で実施可能な状態を目指し、随時発生するニーズにはメンバーの持つスキルを活かして臨機応変にサポートする体制を整えています。時にUNIBAに興味を持った人の入り口として、その他の活動と並行して働くことの可能性を模索する場として、様々な理由で集ったメンバーがそれぞれのコミュニケーション方法でotasukeします。

    MORE
  • Unibirth team logo

    UNIBA は伝統的に、プログラムを書いたりグラフィックを作る人たちが、自分達の働く環境を自ら設計し、運営する自治を志向してきました。制度やツールを自作することは、自由であるために必要なことですが、一方で大きなコストがかかります。Unibirth は、UNIBA 内のチームが利用できるインフラやツール、ショートカットを提供し、チームの運営の負担を下げ、チームが自らのユニークな部分に集中できるようにすることで、UNIBA の自治の伝統をより多様で豊かなものになるように、貢献しようとしています。

    MORE
  • Circuit Lab. team logo

    Circuit Lab.

    新しいプロダクトの開発や、ユニークな試みの立ち上げにおいて、アイディアを実際に体感できる表現に変換する最初の一歩はとても重要です。しかしソフトウェアが可能にする表現と、ユーザの感じる主観的な意味の世界の往復はとても難しく、アイディアが良い/技術を持っているだけでは優れた実現には至らないことが多くあります。サーキット・ラボは、アイディアの可能性を深堀りし、その真の価値を見極めながら、それを体感可能なプロトタイプとして具現化することを専門にするチームです。

    MORE
  • Azukaritai team logo

    新しいビジネスやサービスの立ち上げ、立ち上げた後の運用において、 成長を加速させていく力を持った優秀なエンジニアチームは必要不可欠です。 私たち Azukaritai は内製のエンジニアチームのように、御社のビジネスのことを一緒に考えながら成長を目指すエンジニアチームをニーズに合わせて作り上げます。

    MORE

メンバー

arrow
  1. profile image

    小松 純

    Jun Komatsu

    Team: Azukaritai (2021 - Present), Otasuketai (2018 - Present), Unibirth (2021 - Present), UNIBA (2003 - 2020)
    Member of Board (2003 - Present), Share Holder (2003 -Present)

  2. profile image

    菊地 玄摩

    Haruma Kikuchi

    Team: Circuit Lab. (2021 - Present), Unibirth (2021 -Present), UNIBA (2003 - 2020)
    Member of Board (2003 - Present), Share Holder (2003 - Present)

  3. profile image

    河合 伶

    Rei Kawai

    Team: Z1 (2021 - Present), Unibirth (2021 - Present), UNIBA (2003 - 2020)
    Member of Board, Share Holder

  4. profile image

    今野 聖也

    Seiya Konn

    Team: Z1 (2021 - Present), UNIBA (2009 - 2020)
    Share Holder

  5. profile image

    清水 規行

    Noriyuki Shimizu

    Team: UNIBA (2009 - 2020)
    Share Holder (2016 - Present)

  6. profile image

    村山 遼

    Ryo Murayama

    Team: Z1 (2021 - Present), Unibirth (2021 - Present), UNIBA (2008 - 2020)
    Member of Board (2021 - Present), Share Holder (2019 - Present)

  7. profile image

    谷藤 圭一

    Keiichi Tanifuji

    Team: Azukaritai (2021 - Present), UNIBA (2011 - 2020)
    Share Holder (2019 - Present)

  8. profile image

    森 淳

    Jun Mori

    Team: Z1 (2021 - Present), UNIBA (2014 - 2020)
    Member of Board (2021 - Present), Share Holder (2019 - Present)

  9. profile image

    小出 悠

    Yu Koide

    Team: Z1 (2021 - Present), UNIBA (2015 - 2020)

  10. profile image

    望月 聡

    Satoshi Mochizuki

    Team: Azukaritai (2021 - Present), UNIBA (2015 - 2020)

  11. profile image

    松本 耕治

    Kohji Matsumoto

    Team: Z1 (2021 - Present), UNIBA (2017 - 2020)

  12. profile image

    山名 保彰

    Yasuaki Yamana

    Team: Z1 (2021 - Present), Otasuketai (2018 - 2020)

  13. profile image

    三谷 桐子

    Kiriko Mitani

    Team: Otasuketai (2019 - Present)

  14. profile image

    村穂 紀成

    Cazunari Muraho

    Team: Azukaritai (2021 - Present), UNIBA (2019 - 2020)
    Share Holder (2021 - Present)

  15. profile image

    田上 杜夫

    Morio Tagami

    Team: Z1 (2021 - Present), UNIBA (2020)

  16. profile image

    土屋 咲央里

    Saori Tsuchiya

    Team: Otasuketai (2020 - Present)

  17. profile image

    竹高 新

    Arata Taketaka

    Team: Otasuketai (2021 - Present)

  18. profile image

    川島 世慈

    Seiji Kawashima

    Team: Otasuketai (2021 - Present)

  19. profile image

    高谷 誉

    Homare Takatani

    Team: Z1 (2021 - Present)

  20. profile image

    青木 裕太郎

    Yutarou Aoki

    Team: Otasuketai (2021 - Present)

  21. profile image

    山本 佳奈

    Kana Yamamoto

    Team: Otasuketai (2021 - Present)

  22. profile image

    向 美和

    Miwa Mukai

    Team: Otasuketai (2021 - Present)

  23. profile image

    大竹 はるか

    Haruka Ohtake

    Team: Otasuketai (2021 - Present)

  24. profile image

    安原 あかね

    Akane Yasuhara

    Team: Otasuketai (2022 - Present)

  25. profile image

    Platonov Andrii

    Platonov Andrii

    Team: Azukaritai (2022 - Present)

  26. profile image

    佐藤 翠

    Midori Sato

    Team: Otasuketai (2022 - Present)

  27. profile image

    戸谷 昂平

    Kohei Totani

    Team: Z1 (2022 - Present)

  28. profile image

    定金 基

    Motoi Sadakane

    UNIBA Member(2022 - Present)

  29. profile image

    三浦 大河

    Taiga Miura

    UNIBA Member(2022 - Present)

  30. profile image

    白井 洵

    Jun Shirai

    UNIBA Member(2022 - Present)

  31. profile image

    Montashevych Serhii

    Montashevych Serhii

    UNIBA Member(2022 - Present)


UNIBA INC.「とは」 → / note

arrow
https://note.com/unibainc

UNIBA GOODS STAND / グッズストア

arrow
https://unibagoods.stores.jp/

社内のトレンド

arrow