ユニバ株式会社は、"さわれるインターネット(Embodied Virtuality)"の会社です。
インターネットコンピュータを、道具ではなく、見て、触れて、遊びたおすためのメディアととらえています。
メディアアートオープン標準に根ざすプロダクションとして、その楽しさを追求しながら、ブランディングキャンペーンプロモーションの制作をしています。
また社内における実験的な取り組みとして、Circuit Lab という活動の場を設けています。
会社名
ユニバ株式会社
所在地
150-0001 東京都渋谷区神宮前5-34-4 ジェイハウスB1F
代表者名
菊地玄摩
設立
2003年
資本金
1780万円
従業員数
役員 3名
正社員 14名
契約社員 1名
アルバイト 2名
業種
デザイン・インタラクション開発
事業内容
プランニング・デザイン
ウェブアプリケーション開発
ネイティブアプリケーション開発
インスタレーション開発
デバイス開発

ワークスタイル

ジェイハウス

出社時間はそれぞれ個人が決めるスタイルです。チャットのオンライン、オフラインで出勤を管理したり、Google Calendarの自動集計で時間管理を行っています。

ジェイハウス

作業場所はオフィス内のソファ、こたつ、フリーアドレスのデスクを使うことができます。コアタイム以外であればカフェや自宅作業も可能です。

駐輪場

自転車通勤をするスタッフも多いです。自転車保険にしっかり入っていることが条件です。

離れオフィス

2017年4月、本社から徒歩1分の場所にオープンした事務所は全社員が出入り自由で、リラックスエリア・ダイニングエリアでのびのびと作業ができます。

サーキット・ラボA

ハードウェアに関する業務や実験、研究を行うCircuit Labには2つの部屋があります。A-Labでは3Dプリンタ、CNC、レーザーカッターなどの設備を利用して組立・加工に関する作業が可能です。

サーキット・ラボB

B-Labでは主に電子工作に関する作業を行います。壁一面には業務に必要な資材を揃えており、いつでもプロトタイピングを開始できる環境を用意しています。